×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2008年10月4日 都筑区秋季大会 茅ケ崎エンデバーズ戦






  鎧をまとったキャッチャーにそのまま滑っても怪我するだけ。
 ボールを持ったブロック体制の捕手のレガース目掛けて滑ってもダメだ。
 プロならばクロスチョップかショルダータックルなんだろうけれど、
 少年野球ならばミットの背中にスライディングかな?
 ボールが飛び出たらラッキー…落球しなくてもボールを握り直させたり、
 ミットを押し込んでしまえば他のランナーが進塁できるかもよ。



  キャプテンが乗っているときは、
 インターバルにおける二遊間の打ち合わせが多くなります。
 ただし、「乗っている」ときに限ります。
  ※ゲーム中にメソメソしてたって勝てねぇぞ!

下記は企業広告です。